企業の資金繰りをファクタリングサポート

契約までの流れ

ファクタリングを契約するまでの大まかな流れ

 

ファクタリングは、企業さまが保有する売掛金をファクタリング会社に完全に買取ってもらうことで、数週間、数カ月先に取引先企業から入金予定だったものを早期資金化できるサービスです。

 

 

ファクタリングは、売掛金を活用した売買契約に基づいた資金調達方法なので、融資やビジネスローンとはことなる「借入金ではない」「負債にならない」資金繰りができます。

企業の事業資金として、また銀行融資が受けられるまでのつなぎ資金としてなど、中小企業の資金調達方法の1つとして需要が伸びています。

 

 

取引先が大手企業なほど、支払いサイトが長い傾向にありますよね。

受注企業としては仕事はあるのに資金繰りが厳しくなり、黒字倒産してしまうということも考えられなくありません。

 

 

至急の資金調達の救世主にもなりえるのがファクタリングです。

 

 

 

申込から契約までの流れ

 

 

ファクタリング契約の流れ・問い合わせ・相談

問い合わせ方法はファクタリング会社により異なりますが、電話やメールで問い合わせ・相談が出来るところが多くあります。利用したいファクタリング取引の種類や地域性、評判などを考慮して、サイトなどを検索してみると良いと思います。

 

 

ファクタリング契約の流れ・申し込み

ファクタリング会社への相談の結果で、申し込みをします。このとき必要費用や書類などをしっかり確認しておきましょう。この提出書類をもとに調査・審査が行われます。

 

≪ 必要書類 例 ≫

側近から3カ月前くらいまでの 

・取引先企業からの入金が確認できる書類や通帳

・商品やサービスの契約書や発注書、納品書、請求書など

 

 

企業の業種形態によって必要書類が異なることもあるようなので、ファクタリング会社に確認を取り準備を進めましょう。

3社間取引の場合、債務者である取引先への通知・承諾が必要となります。

 

 

ファクタリング契約の流れ・調査・審査・査定

申込者である企業・債権者と、取引先である債務者についての調査・審査があります。

 

ファクタリング契約の流れ・面談・契約

調査・審査結果次第で、その後契約になります。契約時に新たに必要な書類もあるのでファクタリング会社に事前に問い合わせおくと良いと思います。

ファクタリング会社によっては、内容次第で来社不要だったり、ファクタリング会社の方が訪問してくれるところもあるようです。

契約内容の最終確認を行います。

 

 

ファクタリング契約の流れ・入金

ファクタリング会社から手数料を差し引いた引いた売掛債権買取額が入金されます。

 

点線

 

当サイトのおすすめファクタリング会社は全国対応しています。
24時間受付の問い合わせフォームもありました。

バナー 中サイズ

気になった方や詳細がご覧になりたい方はチェックしてみて下さい。