企業の資金繰りをファクタリングサポート


2社間ファクタリングとは

 

 

2社間取引 タイトル

 

取引が2社間で行われ、取引先の合意・通知が不必要で、資金調達にかかる時間が最短即日である。

 

2社間取引 図

 

 

おおまかな流れ

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生

②お客様(債権者)とファクタリング会社の契約完了後、売掛金の買取・早期売掛金の入金

③取引先(債務者)より期日通りに売掛金の支払い

④受け取った売掛金をファクタリング会社に支払い

 

 

取引先への通知や承諾を取る必要がないため、より早く資金化が可能になります。
その代わり、3社間取引よりもファクタリング手数料が割高に設定される傾向にあります。取引先企業に知られることなく、債権を譲渡して資金化を図りたいときはこの2社間ファクタリングを選択することになります。

 

 

 

 

 

 

2社間ファクタリングのメリットは・・・?

 

ファクタリング メリット デメリット 経営悪化 資金ショート 図

 

 

 

 

メリット1

 

これまでの資金調達の流れとしては「審査~入金まで早くても1ヶ月以上」の時間がかかってしまっていたところ、売掛金があればファクタリング会社が独自のスピード審査を行い、契約完了後に最短で当日の調達実行が可能なのです。

 

 

メリット2

 

お客様とファクタリング会社の2社間取引により、取引先への連絡通知などは一切ありません。売掛金の譲渡により取引先との関係に支障をきたしたり、信用情報に影響がないため、安心してご利用頂けます。

 

 

メリット3

 

融資ではないので、保証人や担保は必要ありません。

業績悪化や税金滞納などにより、銀行や他の金融機関に融資を断わられた法人・事業主様にとってもファクタリング会社は心強い存在になります。

 

点線

 

上記のメリットがすべての取引に当てはまるわけではないので、企業に合ったファクタリングを見極めることが大切です。