企業の資金繰りをファクタリングサポート


3社間ファクタリングとは

 

 

3社間取引 タイトル

 

取引が3社間で行われ、ファクタリング会社が代金回収も担う。債務者側の同意・通知が必要な取引である。

 

3社間取引 図

 

おおまかな流れ

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生

②お客様(債権者)とファクタリング会社の契約

③取引先(債務者)に債権譲渡通知・承諾

④ファクタリング会社が売掛金の買取・早期売掛金の入金

⑤⑥ファクタリング会社と取引先(債務者)で代金回収・代金支払い

 

債権を譲渡することを取引先に通知、もしくは承諾を得てファクタリング会社との契約が締結します。2社間取引に比べて、ファクタリング会社が負担する売掛金回収リスクが低くなるため、ファクタリング手数料は安く設定されやすいです。ただ、通知・承諾の作業が増えるので即日資金化というわけにはいかなくなります。