企業の資金繰りをファクタリングサポート


保証ファクタリングとは

 

 

保証ファクタリング

 

ファクタリング会社が売掛債権などに対して、買取ではなく保証する制度のこと。債務者である取引先の倒産など支払不能になった際などに有効な保険的な役割をもつ取引である。

 

保証ファクタリング 図

 

おおまかな流れ

①商品の納品やサービス提供が完了し、売掛金が発生

②お客様(債権者)がファクタリング会社に債権の保証依頼・契約・保証料支払い

③ファクタリング会社が取引先(債務者)の信用調査・与信管理

④ファクタリンング会社は売掛債権の保証

 

 

ファクタリング会社による信用調査結果によって保証金額は決まります。
取引先の信用度が低い、倒産する可能性で出てきて債権回収に懸念がある場合などに活用でき、目的が即日資金化ではなくリスク保証である場合に向いています。

 

【例えば】

500万円の売掛債権に対して、ファクタリング会社は取引先の信用調査の結果

350万円の保証限度額を設定取引先が倒産

取引先の倒産により売掛債権の回収が不能に

500万円の損失だったところが、ファクタリング会社より

保証額350万円が支払われるので150万円の損失で済む