企業の資金繰りをファクタリングサポート


メリット・デメリット

ファクタリングのメリットは?※2社間取引の場合

ファクタリングを利用するにあたり大きな3つのメリットをご紹介します。

 

 

 

ファクタリング メリット デメリット 経営悪化 資金ショート 図

 

 

 

 

 

メリット1

 

これまでの資金調達の流れとしては「審査~入金まで早くても1ヶ月以上」の時間がかかってしまっていたところ、売掛金があればファクタリング会社が独自のスピード審査を行い、契約完了後に最短で当日の調達実行が可能なのです。

 

銀行融資とは異なる視点でファクタイング会社が審査・調査を行うことと、開示書類が少ないことによりこのスピーディさが生まれます。

 

 

メリット2

 

利用者である企業とファクタリング会社の2社間取引により、取引先への連絡通知などは一切ありません。

 

売掛金の譲渡により取引先との関係に支障をきたしたり、信用情報に影響がないため、安心してご利用頂けます。
もっとも需要が多く、利用している企業が多い取引の種類です。

 

 

メリット3

 

ファクタリング会社に電話などで、「うちにも融資して下さい」「利子はどのようになるのでしょうか?」とよく問い合わせがあるようです。
ファクタリングは、売掛債権の売買によって成立する取引になるので、融資ではありません。

 

のちに売掛先である取引先企業が倒産などで不渡りをおこし、売掛金が回収できなかったとしても、利用者である企業はファクタリング会社に前払いしてもらった売掛金を返金する必要もありません。(償還請求権なしの場合)

 

融資ではないので、保証人や担保も必要ないのです。

 

 

業績悪化や税金滞納などにより、銀行や他の金融機関に融資を断わられた法人・事業主様にとってもファクタリング会社は心強い存在になります。

 

点線

 

上記のメリットがすべての取引に当てはまるわけではないので、企業に合ったファクタリングを見極めることが大切です。

 

  メリット デメリット

2社間ファクタリング

3社間ファクタリング

早期資金化が可能
融資に頼らなくて済む
回収不能になっても買戻しせずに  済む(償還請求権なしの場合)
・保険になる

・手数料が割高
・3社間取引の場合
 取引先の承諾が必要

   診療報酬債権

ファクタリング

早期資金化が可能
審査に通りやすい
社保、国保の合意や承諾は不要
・医療機関のみ
・未来の資金を先食い
・ファクタリング会社
 からの入金で銀行に
 知られる
  保証ファクタリング 取引先の与信管理
回収不能のリスクを軽減
・取引歴の浅い企業でも保証可
・早期資金化ではない
・限度額までの保証

 

   償還請求権   ・・・売掛債権をファクタリング会社に譲渡契約した後、取引先(債務者)が倒産などで債権回収が不能になった場合、償還請求権ありだとファクタリング会社は債権者だった企業に保証を請求できる。償還請求権なしであればファクタリング会社が企業に保証請求してくることはないのでリスク回避になる。ただ同時に手数料にその差が出てくる。
ファクタリング会社や取引の内容によって、償還請求権ありなし変わってくるので契約の際は必ず確認した方が良い。