企業の資金繰りをファクタリングサポート


債権譲渡登記とは

 

 

債権譲渡の際にファクタリング会社によっては、債権譲渡特例法に基づき債権譲渡登記を契約の必要条件とすることがあります。

 

債権譲渡登記(制度)とは、東京法務局に申請して(電子申請も可能)、簡便に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。 → wikipedia参照
簡単に言うと、登記することによって債権譲渡を第三者に主張できるよう備えることです。債権の二重譲渡を防ぐなどの目的があります。

 

 

主にファクターのリスク軽減となる要因なので、登記するかしないかで債権買取手数料の差に反映されることが多いです。
「2社間取引で債権譲渡登記なし」となれば、ファクタリング会社にとっては高リスクを伴うため手数料が割高になってしまうことになります。それでも早期現金化、取引先に知られずに資金調達するためにこの取引を選択する中小企業は多くいます。