企業の資金繰りをファクタリングサポート


ファクタリングで起こりうるトラブル

 

 

①ファクタリング手数料

 

ファクタリングは企業が保有する売掛金を早期資金化できる取引です。
もっと具体的に言うと、将来、売掛先から満額で入金される売掛金を、ファクタリング会社に手数料額を引かれた金額を早期入金してもらうことになります。

 

このファクタリング手数料は、ファクタリング会社によって異なります。

 

 

悪徳ファクタリング業者が法外な手数料を要求してくる場合もあるかもしれません。
契約する前にきちんとファクタリング手数料について説明・明言してもらいましょう。

 

ファクタリング手数料

 

 

②契約書などの書類が作成されない

 

ファクタリング契約の際には、対象となる売掛債権についてや譲渡日、手数料、入金日など譲渡人と譲受人として契約内容をきちんと文書にして残す必要があります。
契約内容について確認ができずにトラブルになることのないよう、しっかり契約書の作成、提示を求めましょう。

 

 

ファクタリング 契約

 

 

③企業の虚偽申告

 

ファクタリングをしようとする時、ファクタリング会社に審査事項として、企業の年商や売掛金、売掛先の情報などの提示を求められます。

もし資金繰りに困っていてファクタリングを実行しようとするとき、ファクタリング会社に契約してもらおうと虚偽の報告をしてしまうと、審査の際に発覚して取引不可になってしまうこともあります。

 

 

ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の信頼関係によって成り立ちます。取引先に通知しない2社間ファクタリングの場合は特に大事なので、少しでも虚偽の報告などが発覚すれば、ファクタリング会社はこの企業はリスクがあると見なすでしょう。

 

ファクタリング トラブル

 

 

④企業による二重譲渡や使いこみ

ファクタリングはいくつかの取引の種類がありますが、取引先に知られない2社間ファクタリングを選択する企業が多いです。

 

その2社間ファクタリングでは、一般的に企業が売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、ファクタリング会社に入金してもらいます。その後、取引先企業から期日通りに売掛金の入金があり、入金を確認後すぐにファクタリング会社に支払うという流れになります。

 

まず、ファクタリング会社に譲渡した債権を、別のファクタリング会社にも譲渡契約をして資金を得ようとする二重譲渡というトラブルがあります。また、期日通りに取引先企業から入金された、本来ファクタリング会社に支払うべきお金を使いこんでしまうというケースがあります。

このような場合、契約時にトラブルが発生したときに備えて、ファクタリング会社は対抗要件として譲渡登記ができるように準備しています。そうなると2社間ファクタリングを選択していても取引先に知られてしまったり、ファクタリング会社から法的措置を取られてしまいます。

 

使い込み

 

ファクタリングは銀行融資に比べ、提出書類なども少なくスピーディで便利な資金調達方法です。
とは言え、契約前にはしっかり吟味して、疑問点や名言してほしい点はファクタリング会社に尋ねて解決してから、不安なく契約に進みましょう。