企業の資金繰りをファクタリングサポート


ファクタリングが注目されている理由

銀行融資 ブラックOK ファクタリング 注目

 

 

  今、ファクタリングが注目されています!

 

 

 

 

 

 

 

ファクタリングは、「融資じゃない」「借りない」資金調達方法です

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらい、将来取引先から入金予定だった売掛金を早期資金化できる仕組みです。

その後、取引先から利用者である企業に期日通りの売掛金の入金され、その入金を確認してファクタリング会社にそのまま支払って終わりです。

 

人差し指を上げて、パソコンを持つスーツを着た男性

 

 

例えば、

取引先A社から来月末に500万の売掛金の入金があるけれど、それよりも先に資材や人件費のために資金を手厚くしたい・・・

 

となったとき、ファクタリングを利用すると、

 

500万 - ファクタリング手数料(ファクタリング会社によって異なる)  を最短即日で資金化できます

 

その後、

期日通り来月末に取引先企業から500万の入金があったら、ファクタリング会社に500万支払います

 

 

売掛債権を担保にするわけでもないので、保証人なども必要ありません。
返済、利息の心配もいりません。

 

 

 

銀行やビジネスローンなどに頼らない資金調達方法をして注目を集めているのです!

 

ファクタリングを利用することで、銀行融資より断然早い資金繰りが可能になり、追加の案件やビジネスチャンスを逃すことがなくなる他に、金業の現金資金の流れが改善するというメリットが見込めます。

 

こうして事業拡大へつながる案件にも迷いなく対応できるようになれば、経営も安定してきます。

 

 

 

グレーのキーボードと資料

 

 

融資やビジネスローンを利用することなく、経営が安定していれば、
銀行から見れば健全な企業として認識し、結果的に銀行融資を受けやすくなります。

ファクタリングは売掛債権の買取により資金化するものなので、売掛債権以上の金額の資金調達はできません。
大きな金額で、事業拡大していくにはやはり銀行融資は必須です。

 

 

ファクタリングと銀行融資、企業の状況、目的に応じてうまく活用していくことが経営者としての手腕が問われますね。