企業の資金繰りをファクタリングサポート


ファクタリングに向いている業種

ファクタリングはどのような企業に向いているのか?

 

ファクタリングは売掛金があれば、ファクタリング会社が買取ってくれることでスピーディな資金化が可能になります。
売掛金があれば、誰でもできます・・・と言いたいところですが、

 

ファクタリング会社によって対象が異なってきます。

以降のポイントに注意して、ファクタリングが可能な会社を見つけましょう。

 

 

s_photo_00927

 

 

①法人企業か、個人事業主か

譲渡人、つまり売掛金をファクタリング会社に譲渡する人が、法人か個人事業主かでファクタリングができるかどうかが変わります。

ファクタリング会社によっては個人事業主はNGのところが多いです。

 

もし個人事業主でファクタリングを検討している場合は、個人事業主もOKのファクタリング会社を選びましょう。

 

 

ファクタリング 個人事業主でも大丈夫

 

 

 

②売掛先は法人企業か

ファクタリングでは、利用者である企業の状況よりも、売掛先企業の信用度が注視される傾向にあります。
ファクタリングでは、売掛先が倒産などして売掛金が回収できなくても企業が、ファクタリング会社に返済する必要はありません。(償還請求権なしの場合)

ファクタリング会社が負担します。

 

利用者の企業は大きなメリットである点ですが、ファクタリング会社もそれはできるだけ回避したいので、契約前の審査で売掛先企業の業績などを確認します。
リスクの大きさによって、この売掛債権を買い取って大丈夫かどうかを判断するわけです。

 

よって取引先が個人事業主となると高リスクなので、ほとんどのファクタリング会社がNGです。
利用者が個人事業主OKでも、売掛先は必ず法人企業ということになります。

 

 

③ファクタリングに向いている業種

ファクタリングでの資金調達をしていることが多いのは、

 

●建設業

 

●運送業

 

●製造業

 

●開業医院

 

●WEB関連

 

●人材派遣業

 

です。

 

 

元請企業や取引先が大手企業だったり、医療関連においては診療報酬債権になるので社保・国保が債務者のため、ファクタリング会社も信用して契約しやすい傾向にあります。

 

・売掛金が発生し、取引先の支払いサイトが長い

・資材費、人件費などの先出しの費用が多い

・スポットで仕事を受けることがあるから早期の資金調達が必要になる

 

などの悩みをもつ企業・業種に適した資金調達方法です。

 

 

実際、当サイトが紹介しているファクタリング会社でも1番問い合わせが多いのは、建設業の経営者や経理担当者からだそうです。