企業の資金繰りをファクタリングサポート


ピンチに役立つ中小企業向け資金調達

ファクタリング 事例

中小企業の資金ショートのピンチに役立つかもしれないファクタリング

 

 

ファクタリングは、企業が保有する売掛金をファクタリング会社に買取ってもらうことで、数カ月先に取引先企業から入金予定だった売掛金を最短即日で資金化が出来る金融サービスです。

 

しかし、売掛金全額を資金化できるわけではありません。
数カ月先にしか入金されなかったはずの売掛金を、ファクタリング会社に前払いしてもらうためにファクタリング手数料を支払います。

 

 

ファクタリング手数料は、ファクタリング会社が利用者企業、売掛先企業の審査・査定を行った結果をもとに設定します。

 

ファクタリング会社にとってのリスクは、利用者企業に入金したのに売掛先企業が不渡りを起こすなどして売掛金の回収ができなかった場合です。利用者企業は前払いしてもらった売掛金を返金する必要はないので、すべてファクタリング会社の負担となるわけです。

 

 

このリスクを売掛先企業の審査・査定をした上で判断し、ファクタリング手数料に反映させます。

 

 

言い換えれば、利用者企業よりも売掛先である取引先企業の信用情報の方が重視されるのです。

 

資金が足りない、赤字を出している、税金や社会保険料を滞納しているといった、銀行融資なら絶対通らないマイナス面がちらつくような企業であっても、売掛先さえ安定していれば最短即日での資金調達が可能になるのです。

 

 

 

ファクタリング メリット デメリット 経営悪化 資金ショート 図

 

 

 

銀行融資の金利とファクタリング手数料は、どちらが安く済むのか・・・?

 

こんなところが気になりますよね。

 

 

ファクタリング手数料は、一般的に売掛金に対して1~8%くらいが相場と言われています。売掛金回収リスクによって、且つファクタリング会社によって、その設定は異なるのではっきりと表現するのは難しいですね。

リスクが高ければ、20%くらいの手数料をとる場合もあるようですが、それでも良いからと契約する企業があるのも事実です。

 

 

 

それはなぜか・・・・・?

 

 

それは銀行融資と比較して、開示書類が少ないこと、資金化までのかかる時間の短さ、スピーディさだと思います。

銀行融資までにかかる開示書類の準備、審査結果がでるまでの時間などを軽減できます。

 

 

2社間ファクタリングの流れを簡潔に説明すると、

 

 

①売掛金を保有する利用者企業がファクタリングを申し込み、開示書類などをFAXまたは郵送でファクタリング会社に送付する。

 

②ファクタリング会社が開示書類をもとに、取引内容を提案する。

 

③利用者企業が納得の上、面談をして契約を締結すれば、ファクタリング会社から入金。

 

④数カ月後、期日通りに売掛先企業から利用者企業へ売掛金の入金があり、それをファクタリング会社に支払い取引完了。

 

 

 

といった流れになります。

 

 

2社間取引 図

 

 

 

ほとんどのファクタリング会社が面談は必須としているので、ここで距離的な問題で時間のロスはあるかもしれませんが、問い合わせから2・3日で、契約を締結すればその日のうちに資金化が可能になるのです。

 

 

 

 

つまりファクタリングは、

 

□ 資金ショート寸前

 

□ 赤字

 

□ 税金滞納

 

□ 保証人・担保がない

 

といった、中小企業のピンチにも銀行融資とは異なった形で役立つ資金調達方法なのです。

 

 

 

 

当サイトは、全国の中小企業を対象に売掛金の買取りを行っているファクタリング会社を紹介してます。

 

 

日本全国・出張対応・取引先に知られずにできる2社間ファクタリング対応のファクタリング会社です。

 

 

 

株式会社ジャパンファクター 公式サイトはこちらから >>>>

 

2社間ファクタリン専門会社