企業の資金繰りをファクタリングサポート


償還請求権とは?

資金調達 ファクタリング

ファクタリングでの償還請求権って?

 

「償還請求権あり、なし」は
   ファクタリングを実行する上で重要?

 

 

ファクタリングは利用者企業が保有する売掛金をファクタリング会社が買取ることにより、売掛金を早期資金化できるサービスです。
またそのファクタリングの種類の中で最も多くの中小企業に選択されているのが【2社間ファクタリング】です。

 

2社間ファクタリングでは利用者企業が取引先企業に請求書を発行し、それをもとにファクタリングを実行します。
ファクタリング会社が売掛金を利用者企業に前払いし、期日通りに取引先企業が利用者企業に支払った売掛金を今度は利用者企業がファクタリング会社に支払うことで取引は完了します。

 

2社間ファクタリングでは、取引先企業が関与してこない点において大きなメリットと言えます。

 

この他にもポイントとなる点を挙げるとするならば『償還請求権』についてです。

 

 

償還請求権とは?

 

償還請求権とは、売掛先である取引先企業が万が一、倒産や不渡りを起こして売掛金の支払いができなかったときにファクタリング会社が前払いした売掛金の返金を請求できる権利のことを言います。

ファクタリングの契約の際にポイントとなるのが、償還請求権なし(ノンリコース)償還請求権あり(ウィズリコース)です。

 

つまり、償還請求権なしで契約すれば、取引先企業から売掛金の回収ができなかったとしてもそのリスクをファクタリング会社に移転できるのです。
利用者企業にとっては、売掛金回収リスクのリスクヘッジ、一種の保険にもなりえるのがファクタリングなのです。

 

 

このようなリスクをファクタリング会社が負担してくれるために、ファクタリング手数料というものが発生します。

 

 

ファクタリング

 

 

当サイトでご紹介しているファクタリング会社ジャパンファクターももちろん【償還請求権なし】でご契約頂けます。

 

 

ジャパンファクターが利用者企業よりも取引先企業の信用情報を重要視するのは、この売掛金回収リスクを負担しているからなのです。そのため債務超過のような銀行融資を断られてしまった状況下の企業でもファクタリングでの資金調達は可能になります。

 

ブラックでもファクタリングできる?もぜひご覧ください。