企業の資金繰りをファクタリングサポート


ファクタリングのための事前チェック

資金調達 ファクタリング

ファクタリングを実行するための諸条件は?

 

ファクタリングを利用するための条件を
    クリアしているかチェックしてみましょう!

 

 

ファクタリングは利用者企業が保有する売掛金をファクタリング会社が買取ることにより、売掛金を早期資金化できるサービスです。

 

またそのファクタリングの種類の中で最も多くの中小企業に選択されているのが

2社間ファクタリング】です。

 

 

2社間ファクタリングでは利用者企業が取引先企業に請求書を発行し、それをもとにファクタリングを実行します。

 

ファクタリング会社が売掛金を利用者企業に前払いし、期日通りに取引先企業が利用者企業に支払った売掛金を今度は利用者企業がファクタリング会社に支払うことで取引は完了します。

 

「売掛金があれば利用可能」とはしていますが詳しく説明していきます。

 

 

 

「売掛金の質」が大事

 

ファクタリングは利用者企業が保有している売掛金をファクタリング会社が買取ることになります。

ファクタリング会社としては審査の段階で、その売掛金の質をチェックします。

 

新しい取引先の売掛金は信用度が低いため断るファクタリング会社がほとんどです。

望ましいのは半年以上は取引実績があり、きちんと売掛金の入金が行われている取引先企業の売掛金です。

 

工事請負業者などで公共工事を請け負っている場合などではファクタリングが実行できることもあります。

 

 

 

 

 

「債権譲渡登記」がされていないか

 

既に他社のファクタリング会社でファクタリングを実行されたことのある利用者企業の中には、債権譲渡登記をしてしまっている場合があります。

債権譲渡登記がされているとファクタリングは実行できません。改めてジャパンファクターでファクタリングを実行しようとするならば抹消して頂く必要があります。

 

登記がされていなかったとしても、すでに譲渡している債権を他社でファクタリングしようとすれば「二重譲渡」となってしまいます。

 

 

 

売掛先は法人企業かどうか

 

ファクタリングを利用しようとする側も法人企業であることを条件にしているファクタリング会社が大半ですが、ジャパンファクターのように個人事業主さまでも利用可能としているファクタリング会社も中には存在します。

 

しかし売掛先は信用度の問題から法人企業であることとしています。

 

ファクタリングでは売掛先が売掛金を期日通りにきちんと支払えるかどうかが重要視されるからです。

 

ファクタリング

 

 

調達希望額以上の売掛金を保有しているかどうか

 

ファクタリングを実行しようとするとき、調達希望額は保有している売掛金の金額内で設定されなければなりません。

「300万の資金が必要だが200万の売掛金しか保有していない」という状況であれば保有している売掛金200万のうちの150~180万の買取金額になります。

 

しかしA社の売掛金200万、B社の売掛金100万、C社の売掛金100万と複数保有していれば、合計で必要資金の300万を調達することは可能になります。

 

 

 

【 とにかく相談してみましょう! 】

 

ファクタリングを実行する前のポイントを紹介してきましたが、詳細はファクタリング会社によって違う点があるかと思います。

初めてファクタリングを利用しようとするときにはどんな会社さまも疑問や不安があるものです。

 

ジャパンファクターをはじめ、ファクタリング会社では無料相談を実施しているところが多くありますので相談してみましょう。