企業の資金繰りをファクタリングサポート


建設会社のファクタリング事例⑥

 建設業 / 2社間ファクタリング / 鳥取県

 

【 建設会社O社の場合 】

 

エリア 鳥取県
業種 建設業
内容 2社間ファクタリング
売掛金額 220万
買取金額

185万

 

売掛金 220万 - ( 取引に必要な諸費用 + 手数料 11% ) = 185万

 

ファクタリング手数料11%の場合の事例です。繰り返しの利用になると初期費用が必要なくなるため、諸費用が2カ月目以降安くなります。
ファクタリング手数料は、対象の売掛債権、売掛先企業の審査結果やファクタリング会社によって変わってきます。

 

点線

建設業利用者の声 ファクタリング 利用者 評判 口コミ

 

 

建設業は手形での支払いが多いです。そのため元請建設企業が倒産してしまうと不渡りになる可能性も高いく、常にリスクと隣り合わせで経営をしていかなければなりません。手形割引で早期資金化することもできますが、割引枠いっぱいまで利用してしまった企業はあとがなくなってしまいます・・・。

それに比べてファクタリングは買取ってもらうことでの資金調達になるので、仮に元請建設企業が倒産してしまったとしても自社に返金の義務が付加しないですからね。
割引料や取り立て手数料と比較すると、ファクタリング手数料の方が割高にはなりますが、リスクヘッジの面を評価すればどちらが良いのかは意見が分かれるところかもしれません。
自社の場合は、本来の入金日までの時間の短縮とリスクの移転という点においてファクタリング手数料を支払おうということ納得しました。

建設業は急に受注が増えたり、外注費が先払いのことが多いので、早急な資金調達の方法を確保しておくことが、自社の経営を守ることににつながっていると確信しています。

 

 

点線

 

 

建設業の経営者のさま、資金繰りでお困りではありませんか?

ファクタリングは、銀行融資を断られたような状況下でも売掛債権があれば即日資金化が可能になる資金調達方法です。
銀行融資・ビジネスローン以外での資金調達をお探しの企業さまにも向いています。

 

特に2社間ファクタリングであれば、取引先への連絡も一切必要ないためその分の時間も短縮できるため即日の入金が可能となりますよ。銀行融資とは異なり、保証人・担保も必要なく、借入金ではないのでその後の返済ももちろんありません。

 

現金資金を確保しておくことで、運転資金、急な出費や人材確保、設備投資などあらゆる場面に対応できるようになります。

 

 

 

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

▼申込みフォームに入力した連絡先に、担当者の方から連絡がはいりますのでそこで直接相談ができますよ!

 

飲食 資金 ビジネスローン 消費者金融 ブラック クレジット 債権 ファクタリング

 

ファクタリングは安定した売掛金があれば、企業が資金繰りが悪化していたり、資金ショートしているような状況下でも即日資金化が可能な売掛金前払い金融サービスです。

 

しかし、安定した売掛金を保有しているが、【ファクタリング】という仕組みがよく分からないからと検討頂けていないという話をよく耳にします。

 

銀行融資はあれこれ書類を提出し、時間を要してしまうため忙しい経営者の方には煩わしいものですよね

 

 

【ファクタリング】ならお問い合わせから即日で、担当者から取引の提案があり契約が締結すれば最短即日で入金されることもあります。

 

 

▼ ファクタリング会社公式をチェック ▼

 

ファクタリング 個人事業主でも大丈夫

 

 

 

当サイトが紹介しているファクタリング会社は、取引先が法人企業なら建設業関連・個人事業主さまでも取引しているファクタリング会社です。
全国対応・出張対応・2社間ファクタリング対応・個人事業主さま対応ですので、まずは気軽にお問い合わせください。