企業の資金繰りをファクタリングサポート


建設会社のファクタリング事例⑦

 建設業 / 2社間ファクタリング / 島根県

 

【 建設会社G社の場合 】

 

エリア 島根県
業種 建設業
内容 2社間ファクタリング
売掛金額 300万
買取金額

275万

 

売掛金 300万 - ( 取引に必要な諸費用 + 手数料 10% ) = 275万

 

ファクタリング手数料10%の場合の事例です。繰り返しの利用になると初期費用が必要なくなるため、諸費用が2カ月目以降安くなります。
ファクタリング手数料は、対象の売掛債権、売掛先企業の審査結果やファクタリング会社によって変わってきます。

 

点線

建設業利用者の声 ファクタリング 利用者 評判 口コミ

 

 

ファクタリングを利用したので、他の経営者の方の参考になればと思います。

今回、売掛先の入金が遅れることになり、当座決済が難しい状況になりました。
これまでは銀行融資で解決してきましたが、つい最近新規事業を展開するために融資を受けたばかりだったんです。そのため追加での融資は受けられずに、他の方法で解決しなければいけませんでした。

そこで前々から関心があったファクタリングを取りいれてみることにしたのです。
ファクタリングは簡単に言うと、何カ月か先に入ってくる予定の取引先からの入金をファクタリング会社に手数料を支払って、前払いしてもらうサービスですよね。
一見、手形割引と何が違うのか?となりました。
説明を聞いていくと全然違うことが分かりますよ!手形割引は銀行に持ち込んで手形を担保にお金を借りるので借入れ金であり、取引先からの入金後返済しなければなりません。しかしファクタリングは買取になるので、返済などの概念がまずありません。また手形は不渡りのリスクを持っていますが、ファクタリングでは譲渡してしまったあとは、取引先が倒産などで売り課金を回収できなくても、自社に返金の義務は課せられません。まあ、このリスクがファクタリング契約の際にもポイントにはなりますよね。ファクタリング会社も回収不能リスクが高ければ契約してくれないでしょうから。

買取金額や掛け目、ファクタリング手数料は、ファクタリング会社によって異なるので、自分の企業に合った提示を出してくれるところを選択してくださいね!
銀行融資だと自社の経営状況や信用度は大きく影響しますが、ファクタリングでは売掛債権の質、つまり取引先企業についてが注視される点が大きいことは覚えておいた方が良いです!自社が資金ショートの危機に手早く救いの一手になってくれるのは、ファクタリングかもしれません。

 

 

点線

 

 

建設業の経営者のさま、資金繰りでお困りではありませんか?

ファクタリングは、銀行融資を断られたような状況下でも売掛債権があれば即日資金化が可能になる資金調達方法です。
銀行融資・ビジネスローン以外での資金調達をお探しの企業さまにも向いています。

 

特に2社間ファクタリングであれば、取引先への連絡も一切必要ないためその分の時間も短縮できるため即日の入金が可能となりますよ。銀行融資とは異なり、保証人・担保も必要なく、借入金ではないのでその後の返済ももちろんありません。

 

現金資金を確保しておくことで、運転資金、急な出費や人材確保、設備投資などあらゆる場面に対応できるようになります。

 

 

 

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

▼申込みフォームに入力した連絡先に、担当者の方から連絡がはいりますのでそこで直接相談ができますよ!

 

飲食 資金 ビジネスローン 消費者金融 ブラック クレジット 債権 ファクタリング

 

ファクタリングは安定した売掛金があれば、企業が資金繰りが悪化していたり、資金ショートしているような状況下でも即日資金化が可能な売掛金前払い金融サービスです。

 

しかし、安定した売掛金を保有しているが、【ファクタリング】という仕組みがよく分からないからと検討頂けていないという話をよく耳にします。

 

銀行融資はあれこれ書類を提出し、時間を要してしまうため忙しい経営者の方には煩わしいものですよね

 

 

【ファクタリング】ならお問い合わせから即日で、担当者から取引の提案があり契約が締結すれば最短即日で入金されることもあります。

 

 

▼ ファクタリング会社公式をチェック ▼

 

ファクタリング 個人事業主でも大丈夫

 

 

 

当サイトが紹介しているファクタリング会社は、取引先が法人企業なら建設業関連・個人事業主さまでも取引しているファクタリング会社です。
全国対応・出張対応・2社間ファクタリング対応・個人事業主さま対応ですので、まずは気軽にお問い合わせください。