企業の資金繰りをファクタリングサポート


鳥取県境港市の中小企業 資金調達

鳥取県境港市の企業さま、
【資金繰りに行き詰まってはいませんか?】———————–

 

 

日本の中小零細企業の多くが銀行融資に依存して経営をしていると言われています。

しかし銀行も簡単に融資してくれるわけでもなく、かといって他行へ乗り換えようとするとそれを阻むような対応をしてくる意地悪い銀行もあると聞きます。

 

先出しの費用が多くかかってくる建設業や、原材料を仕入れてから販売にかかるまでに時間がかかる製造業など、

資金ショートをおこすことが懸念されてきました。

 

 

建設業 事業資金 資金繰り

 

 

また今後確実に日本社会において、境港市においても需要が増えていくであろう介護関連業においても、

国保や社保からの介護給付費・診療報酬のおよそ2か月入金サイトによりキャッシュフローがうまくいかないという悩みを抱えているようです。

 

 

介護 事業資金 資金繰り 

 

 

どの業種においても、売掛金の回収までにかかる30~90日もある売掛金の支払いサイトが、

境港市の中小零細企業の資金繰りに多大な影響を与えていることは間違いありません。

 

 

この売掛金の支払いサイトによる資金繰りの悩みを解決するのがファクタリングです。

 

 

 

 

ファクタリングとは ———————————————-

 

ファクタリングという売掛金を活用した資金調達方法があります。

ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらう形で、数カ月先に取引先企業から入金予定だった売掛金の早期資金化・現金化が可能になります。

 

 

3社間ファクタリング

 

ファクタリングを利用する下関市の中小零細企業さま(債権者)とその取引先企業(債務者)、ファクタリング会社の3社間で取引を行う、

一般的に3社間ファクタリングと呼ばれている取引です。

 

3社間ファクタリング 図

 

 

債権譲渡することを取引先企業に通知、もしくは承諾を得てファクタリング会社との契約が締結します。

2社間取引に比べて、ファクタリング会社が負担する売掛金回収リスクが低くなるため、ファクタリング手数料は安く設定されやすいです。

しかし、通知・承諾の行程が増えることから即日資金化というわけにはいかなくなります。

 

取引先企業の理解が得られる場合は3社間ファクタリングをおすすめします。

 

 

 

 

ファクタリングにおける注意点とは ————————————

 

 

●ファクタリング手数料

 

ファクタリングは、鳥取県境港市の中小企業さまが保有する売掛金を早期資金化することで調達可能になる金融サービスです。
もっと具体的に言うと、近い将来、売掛先から満額で入金される売掛金を、ファクタリング会社に手数料額を引かれた金額を早期入金してもらうことになります。

 

このファクタリング手数料は、ファクタリング会社によって異なってきます。

ファクタリングにも銀行融資でいうところの審査のようなものがあり、その審査内容がファクタリング会社によっても変わってきます。別の言い方をすると、1つのファクタリング会社では契約できなくても他のファクタリングでは契約できた、といったことがありえるかもしれないということですね。

また、「Aファクタリング会社では手数料10%だったが、Bファクタリング会社では12%だった」ということもありえるのです。たった2%と言えど、資金繰りに奔走している境港市の企業さまにとっては2%の差は大きなものでしょう。

 

ファクタリングにおける注意点

 

そして中には法外なファクタリング手数料を請求してくるファクタリング会社もいるということを覚えておきましょう。

ファクタリング契約する前には、きちんとファクタリング手数料について説明・明言してもらうことが大事です。

 

 

 

 

●境港市の中小企業さまによる二重譲渡や使い込み

 

ファクタリングはいくつかの取引の種類がありますが、取引先に知られない2社間ファクタリングを選択する企業が多いです。

 

その2社間ファクタリングでは、一般的に企業が売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、ファクタリング会社に入金してもらいます。その後、取引先企業から期日通りに売掛金の入金があり、入金を確認後すぐにファクタリング会社に支払うという流れになります。

 

 

まず、ファクタリング会社に譲渡した債権を、別のファクタリング会社にも譲渡契約をして資金を得ようとする二重譲渡というトラブルがあります。

また、期日通りに取引先企業から入金された、本来ファクタリング会社に支払うべきお金を使いこんでしまうというケースがあります。

 

ファクタリングにおける注意点とは

 

このような場合、契約時にトラブルが発生したときに備えて、ファクタリング会社は対抗要件として譲渡登記ができるように準備しています。そうなると2社間ファクタリングを選択していても取引先に知られてしまったり、ファクタリング会社から法的措置を取られてしまうこともありますので気を付けましょう。

 

 

 

 

 

ファクタリングをご検討中の鳥取県の中小企業さま ———————–

 

こちらのページもチェック

 

【 鳥取県の企業さまへ|ファクタリングを検討中の企業さま 】

 

 

 

 

ファクタリングのお問い合わせは —————————————–

 

 

ファクタリングについてネットで見たけど、

「よく分からない」「利用するのが不安だ」という企業さまからのお問い合わせも多いです。

 

分からないことはなんでもお尋ねください。

こちらからお申込み頂ければ、ファクタリング担当者から貴社さまにご連絡させて頂きます。

 

JFC|株式会社ジャパンファクターへ ↓↓