企業の資金繰りをファクタリングサポート
企業の資金繰りをファクタリングサポート > 広島県の中小企業/事業資金ファクタリング > 広島県福山市の事業主さまの売掛金を早期資金化する方法


広島県福山市の事業主さまの売掛金を早期資金化する方法

広島県福山市の事業主さまの売掛金を
早期資金化する方法

 

ファクタリングは福山市の事業主さまが保有する売掛金を期日よりも早く現金化する金融サービスです。

 

ファクタリングと呼ばれる他、『売掛金の買取』『売掛金の早期資金化』『売掛金の前払い』などの表現もあります。これらは全てファクタリングのことです。

 

 

ファクタリングの仕組みを分かりやすく

 

ファクタリングは、資金調達したい福山市の事業主さまが保有する売掛金を早期現金化することで資金調達が可能になります。

 

その売掛金の支払いをする福山市の事業主さまの取引先企業を債務者として、ファクタリング会社とファクタリング契約をすることになります。

つまり、

 

資金調達をしたい『 福山市の事業主さま 』、

 

売掛金の支払いをする『 取引先企業 』、

 

売掛金の前払いをする『ファクタリング会社 』、

 

の関係性により成立する資金調達方法となります。

 

 

福山市の事業主さまにとって少し気がかりになるのが『取引先企業』が関わってくることかもしれません。

 

ですが、ファクタリングの種類によっては取引先企業には通知せずにファクタリング資金調達も可能となります。

 

 

3社間ファクタリング

 

資金調達をしたい『 福山市の事業主さま 』、

 

売掛金の支払いをする『 取引先企業 』、

 

売掛金の前払いをする『ファクタリング会社 』、

 

3社でファクタリング契約を行います。

 

 

 

 

3社間ファクタリングでは、取引先企業に対象の売掛金を譲渡することを通知または承諾を得る必要があります。

 

契約成立後、ファクタリング会社が福山市の事業主さまに対象の手数料を差し引いて売掛金の前払いをします。

 

その後、対象の売掛金本来の支払い期日になったら、取引先企業からファクタリング会社に対象の売掛金が支払われるような流れとなります。

 

 

 

3社間ファクタリングを利用する際のポイント!

 

福山市の事業主さまの業種によっては、取引先企業からの実際の入金額と請求額とが毎月のように違う(差額)ということもあるかと思います。

 

そのような場合に備えてファクタリング会社はデポジット(留保金)を取ることがあります。

 

例えば、福山市の事業主さまの取引先企業A社に対する売掛金のうち、ファクタリング手数料5%とデポジット10%を差し引いた金額(売掛金の85%)をファクタリング会社が前払いします。

 

後日取引先企業からファクタリング会社に売掛金全額の入金があった際に、デポジット10%の中から差額を差し引いた残りを福山市の事業主さまに入金するというような流れになります。

 


簡潔に説明すると、

 

「契約日に85%を現金化して、本来の入金日に{デポジット10% – 請求との差額}をファクタリング会社は福山市の事業主さまの口座に入金する 」

 

となり、2次入金のような形になります。

 

 

福山市の事業主さまだけではなく、取引先企業の協力が必要となります。

取引先企業からの承諾が得られれば、ファクタリング契約の中でも最も低いファクタリング手数料で売掛金の早期現金化が可能となります。

 

 

 

3社間ファクタリングの利用で手数料が最安!

 

福山市の事業主さまが3社間ファクタリングを選択した場合には、

 

取引先企業から直接ファクタリング会社に支払いが実行されるため2社間ファクタリングと比較すると低いファクタリング手数料を設定できます。

 

 

まず福山市の事業主さまがファクタリングを利用するために、ファクタリング会社の独自審査を受けることになります。

 

審査の内容はファクタリング会社によって異なるとされていますが、どのファクタリング会社も重要視するのが『取引先企業の信用力』です。

 

ファクタリング会社にとって対象の売掛金の支払いをする取引先企業が、「期日にきちんと売掛金の支払いをできるかどうか」が問題となってきます。

 

 

3社間ファクタリングだとなぜ最安の手数料になるの?

 

ファクタリング会社は福山市の事業主さまとの3社間ファクタリング契約において、

 

契約に必要な費用と取引先企業の売掛金回収不能リスクをファクタリング手数料に換算します。

 

以後に説明する2社間ファクタリングとは異なる点となってきます。

 

2社間ファクタリングではこれに加えて別のリスクも発生することから、3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングの方が手数料が高く設定されます。

 

よって、福山市の事業主さまが3社間ファクタリングを選択した場合、ファクタリング手数料は最安となります。

 

 

※ファクタリング会社によってや契約内容によって異なることがあります。契約前にファクタリング手数料については必ず確認して下さい。

 

 

 

 

2社間ファクタリング

 

資金調達をしたい『 福山市の事業主さま 』、

 

売掛金の前払いをする『ファクタリング会社 』、

 

2社でファクタリング契約を行います。

 

 

 

 

 

2社間ファクタリングでは、取引先企業に対象の売掛金を譲渡することを通知または承諾なしでファクタリング契約をします。

福山市の事業主さまがファクタリングで資金調達をしたいが、取引先企業さまからの承諾を得られない場合などはこの2社間ファクタリングを利用できます。

 

取引先企業の承諾は必要とせず、通知する必要もありません。
ファクタリング会社が福山市の事業主さまに事前に知らせずに取引先企業に連絡をするようなこともありません

 

福山市の事業主さまに知らせずに勝手に取引先企業に通知するようなファクタリング会社はあるとすればそれは優良な会社とは言えませんので注意が必要です。

 

 

契約成立後、ファクタリング会社が福山市の事業主さまに対象の手数料を差し引いて売掛金の前払いをします。

その後、対象の売掛金本来の支払い期日になったら、取引先企業から福山市の事業主さまに通常通り売掛金の支払いが一旦行われます。

 

それから福山市の事業主さまよりファクタリング会社に対象の売掛金が支払われるような流れとなります。

 

対象の売掛金は契約後ファクタリング会社が有するものになりますが、2社間ファクタリングではファクタリング会社が取引先企業から売掛金の支払いを受けるわけにはいかないため、福山市の事業主さまが集金代行をするような形になります。

 

3社間ファクタリングとどこが大きく違う?


3社間ファクタリングとのお金の流れの違いとしては、
本来ファクタリング会社が買いとった売掛金が一旦福山市の事業主さまに入金されるという点です。

これはファクタリング会社にとってリスクとしてファクタリング手数料に換算されます。

 

そのため3社間ファクタリングと比較すると、2社間ファクタリングでは高い手数料が設定される傾向にあります。

 

 

 

 

2社間ファクタリングするなら割高の手数料が必要

 
福山市の事業主さまだけの話ではありません。

 

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社側のリスクが高くなるため2社間ファクタリング契約の場合は手数料が高めに設定されます。

 

2社間ファクタリングでのお金の流れを見て分かるように、ファクタリング会社が買取った売掛金が一旦福山市の事業主さまのところに入金されるます。

 

ここから想定される問題の一つとして挙げられるのが、2社間ファクタリングを利用した事業主さまによる使い込みリスクです。

 

 

福山市の事業主さまが2社間ファクタリングを利用した場合、契約日にファクタリング会社より売掛金の前払いが完了します。その後、取引先企業からもその売掛金の入金がありますから、2重に受け取るタイミングがどうしても発生します。

 

取引先企業からの入金があったら、福山市の事業主さまはただちにファクタリング会社へ支払わなければなりません。

 

しかし、それを支払わずに別の支払いなどに使い込んでしまうというトラブルも少なからず考えられます。

 

ここでの売掛金はすでにファクタリング会社が有する債権ですから、使い込みをすれば横領にあたり刑法違反で告訴される対象になり得ます

 

 

もしも2社間ファクタリングを利用する場合には、使い込みなどしないようにして下さい

 

 

 

 

しかし、多くの事業主さまが2社間ファクタリングを選択する理由!

 
手数料が割高であるにも関わらず、福山市の事業主さまのように銀行融資以外の資金調達方法を必要としている会社の中で、2社間ファクタリングを選択する事業主さまが多いです。

 

その理由としては、「取引先企業に資金繰りの悪化を知られたくない」「即日でのファクタリングを希望しているから」などがあります。

 

銀行融資以外の資金調達方法として福山市の事業主さまにもおすすめしたいファクタリングですが、銀行融資の利息と比べるとファクタリング手数料は高いです。

 

その手数料を支払ってまでファクタリングでの資金調達をせざるを得ない財務状況なのか、と取引先企業に懸念される心配があります。

この懸念が、福山市の事業主さまとの今後の取引に影響が出ないとも限りません。

 

それを避けるために2社間ファクタリングを選択する事業主さまも多いです。

 

また単純に、取引先企業がファクタリング会社が間に入ることを嫌がる可能性もあるでしょう。

 

 

 

そして、2社間ファクタリングでは取引先企業への通知または承諾を得る必要がありません。つまりその作業工程が不要ということになります。

 

そのため、福山市の企業さまとファクタリング会社の準備ができ次第、すぐにファクタリングを実行できます。もちろん即日での売掛金現金化も可能となります。

 

3社間ファクタリングでは作業が多いために3日~1週間かかる場合もあります。

 

 

翌々日までに資金調達をしたい、という事業主さまも多く、2社間ファクタリングが選ばれている大きな理由の1つと言えます。

 

 

 

 

福山市の事業主さまが利用しやすいファクタリング会社

 

 

 

福山市の事業主さまにジャパンファクターおすすめな理由

 
福岡本社のジャパンファクターが福山市の事業主さまにもおすすめな理由は、

 
全国対応ファクタリング会社である

ファクタリング会社は東京・関西・福岡にはたくさんありますが、福山市エリアには多くの選択肢がありません。

 

ですが、ジャパンファクターでは全国の事業主さまを対象にファクタリングを実行していますので、エリアに関係なく選択肢の1つとして入れて頂くことができます。

 
来社も可能な範囲である

初回の契約は実際に来社して担当者と対面しての契約をおすすめしています。また万が一なにかトラブルがあったときなどには来社も検討することになるでしょう。

 

福山市エリアであれば、福岡に本社のあるジャパンファクターであれば互いに往来できる許容範囲なのではないでしょうか。

 

ジャパンファクターではお忙しい福山市の事業主さまに合わせて、担当者の方から出張対応させて頂くサービスも無料で行っています。

 

ファクタリング手数料と別途に出張費などを請求することはありませんので、福山市の事業主さまも安心してご利用頂けます。

 
3社間ファクタリングor2社間ファクタリングどちらも契約できる

3社間ファクタリングのみ、2社間ファクタリングのみを扱うファクタリング会社もありますが、ジャパンファクターではどちらのファクタリング契約も利用できます。

福山市の事業主さまの都合に合わせて、より良い選択ができます。

 

 

3社間ファクタリングの場合には、取引先企業からの承諾・契約書へのサインなどを必要とします。そのため初回はいくらか時間を要するのでご注意下さい。

 

ジャパンファクターの3社間ファクタリングの場合、デポジットなしの全額買取りも可能となっています。差額は次回以降の契約などで調節します。

 

 

債権譲渡登記留保の選択ができる

ファクタリング契約の際には『債権譲渡登記』をするかどうかは重要なポイントとなります。

 

 

登記することでファクタリング会社は対象の売掛債権に対して第三者対抗要件を具備します。しかし登記を打たれると福山市の事業主さまの取引銀行に融資を希望する場合などに影響が出ることがあります。

 

 

ジャパンファクターとしては福山市の事業主さまの利益を1番に考え、債権譲渡登記を留保する選択ができるようにしています。

 

そうすることで、福山市の事業主さまが「今後の銀行融資を見据えた税金滞納解決のための資金繰り」として、「近々銀行融資を受けるためそれまでのつなぎ資金」としてなど今後の融資には影響を及ぼすことなくファクタリングを利用することはできます。

 

 

個人事業主さまも利用できる

福山市の事業主さまは法人企業とは限りません。個人で経営されている方も多いでしょう。

 

美容関連業/飲食関連業/WEB関連業/小売・卸業/介護関連業/建設業など、様々な業種の個人事業主さまでもジャパンファクターのファクタリングを利用することが可能となっています。

 

 

ファクタリングでの債権譲渡に伴う第三者対抗要件の『登記』が個人事業主さまでは適用されないため、個人事業ではファクタリング契約できない場合が多いです。

しかし、ジャパンファクターでは福山市の法人企業さまでも登記を留保できるのと同様に、登記ができない個人事業主さまともファクタリング契約を積極的に実行しています。

 

 

【 ぜひご相談ください 】

 

あらゆる状況の福山市の事業主さまであっても、ファクタリングのご相談をお受けすることができます。

 

相談、見積もりはもちろん無料です。メール問いあわせフォームより24時間受付しておりますので、どうぞお気軽にご利用下さい。